産後の恥骨痛について

産後、恥骨痛でお悩みではありませんか?

  • 立ち上がる時に恥骨が痛い
  • 恥骨が痛くて長く歩けない
  • 赤ちゃんの抱っこが辛い
  • 恥骨が痛くて自転車に乗れない

などでお困りの方もご安心ください。

産後の恥骨つなら、是非みはら整体院はりきゅう院にご相談ください!

恥骨を押さえる女性

産後の恥骨の痛みは、骨盤の底部に位置する恥骨(または恥骨結合)周辺の痛みを指すことがあります。この痛みは、妊娠中に骨盤が緩んだり分離したりするために起こることがあります。

骨盤画像

産後の恥骨の痛みは、以下の要因によって引き起こされる可能性があります

  1. 骨盤の緩みと分離: 妊娠中、ホルモンの影響によって骨盤の結合が緩みます。これは分娩時に赤ちゃんの通過を容易にするための生理的な変化ですが、産後も一時的に結合がゆるんだままになることがあります。この状態で恥骨周辺に痛みを感じることがあります。

  2. 分娩時の圧力: 分娩の過程で恥骨に圧力がかかることがあります。特に大きな赤ちゃんや難産の場合、恥骨周辺の組織に過度のストレスがかかり、痛みが生じることがあります。

  3. 筋肉の緊張や筋力の低下: 妊娠中、特に骨盤周辺の筋肉は伸びたり緩んだりすることがあります。分娩後、筋力が低下したり筋肉のバランスが崩れたりすると、恥骨周辺の痛みが生じる可能性があります。

  4. 姿勢の変化: 妊娠中、重心の移動や子宮の成長に伴い、姿勢が変化します。この変化により、骨盤や恥骨周辺の負担が増加し、痛みが生じることがあります。産後も姿勢が正常に戻らない場合、恥骨痛が持続する可能性があります。

  5. 産後の活動や負荷: 出産後、赤ちゃんの世話や育児に伴う日常生活の活動や負荷が増えます。これにより、恥骨周辺の組織に負担がかかり、痛みが生じることがあります。

みはら整体院での恥骨痛改善施術

みはら整体院ではバキバキしない整体で、骨盤の歪みを矯正し姿勢を整える事で恥骨の痛みを改善していきます。

施術

産後は特にホルモンの影響や筋力の低下などが大きい為、骨盤底筋のエクササイズやEMSによる骨盤底筋群の強化などもおすすめしています。

骨盤の歪みや姿勢を矯正し、骨盤底筋を使える様にすることで「産後の恥骨痛」は改善される場合が殆んどです。

大森にある当院で「産後の恥骨痛」を改善しましょう!

みはら整体院はりきゅう院では【保育士・シッター在籍】で赤ちゃん・お子さんとご一緒に、安心して通って頂けるサポート体制完備です。施術中は赤ちゃん・お子さんをお預かり致しますので、安心して施術を受けて頂けます。

産後の恥骨痛なら、大田区大森のみはら整体院はりきゅう院にお任せ下さい。

産後骨盤矯正バナー